あなたの想いは、私たちの未来。

ITコストハーフ

特長

1.運用コストの可視化、適正化
ベンダーからはあえて提案されないコスト削減余地、ベンダーが気付かないコスト削減余地を分析し、時にはベンダーと議論し、運用コストの適正化を前提としたコスト削減を図ります。

2.影響分析
コスト構造のモデル化を行い、変更による影響を分析します。

考え方

1.ITコストハーフでは、プロセス毎のIT関連コストを調査し、改善視点(ECRS)を用いて整理することで、改善方針、施策の可視化をおこないます。

2.IT関連コスト(金額)、リソースを基に、ITコスト削減方針を設定し、優先順位付けをおこないます。次に、方針に基づき、実行可能な具体的施策を提示いたします。

推奨プログラム(クイックアクションプログラム)

対象を絞り、早期にIT関連コストの削減をおこなうことで、投資原資の確保を目指すプログラムです。 対象は、施策の即効性が高く、意志決定が比較的スムースな傾向にある、保守・運用費を推奨します(他の領域でも可能)。

進め方(クイックアクションプログラム)