あなたの想いは、私たちの未来。

開発ベンダー選定支援

開発要件にマッチした、ベンダー選定を支援します。

特長

1.導入実態調査
開発ベンダーの候補先は、日本能率協会グループを通じての導入実態調査も含め、様々なチャネルにて、幅広く選定します。

2.中立性
プロジェクト特性を踏まえた評価項目により、意志決定を支援します。
特に、提示されたコストの算出根拠を明確にし、見かけ上のコストに左右されないようにします。

3.スムーズな移行
開発ベンダーがスムーズにプロジェクトを立上げられるよう、共有化を図ります。顧客主導型アプローチによる成果物は、世界標準のため、開発ベンダーにとっても理解しやすいものになっております。

進め方

◆依頼候補先の抽出
様々な媒体、サービス実態を調査し、幅広く候補先を抽出します。

◆1次選考
サービス内容、実績、与信等により選考を行います。
*場合によりRFI(技術提案依頼)を行う

◆2次選考
情報交換、事例、導入企業見学等により選考を行います。

◆提案依頼(RFP提示)
説明会を行い、要件を開発ベンダーに伝えます。
質疑応答や現場見学を実施し、良い提案ができるような環境を整備します。

◆評価
多面的な評価を基に、点数化を行います。
点数上位候補先には、詳細な確認を実施し、最終候補先を決定します。

◆立上げ
決定した開発ベンダーとの情報共有を図り、開発体制にスムースに移行します。

*システム投資額算出プログラムとの組み合わせが可能です。
*立上げ後、PMOとして継続支援可能です。